講師実績40年以上の実績と経験を生かした指導の英語教室~小学生・中学生・高校生の受験対策から大人の英会話まで英語を学ぶなら埼玉県川越市のヘボン塾英語教室へ

ヘボン塾英語教室・講師紹介

  • HOME »
  • ヘボン塾英語教室・講師紹介

講師紹介

ヘボン塾英語教室・宮内茂宮内 茂(Miyauchi Shigeru)

1947年東京都出身。1970年明治学院大学文学部英文学科卒業。

英語教育40年以上のキャリアを誇り、小学生・中学生・高校生の受験対策から大人の英会話まで、これまで数多くの実績がある、川越では有名な講師。

1989年より観光案内ボランティアグループ『川越を英語で歩こう会』主宰。

1992年より川越市内看護学校で教鞭をとる。

趣味は絵を描くこと、映画鑑賞、落語を聞くこと、猫(JJ・ミーコ)と戯れること、料理。

講師のコメント

学生時代、英語研究会に所属し、英語漬けの毎日でした。ディスカッション、ディベート、スピーチ、ドラマなどを日々勉強しました。

入学してすぐに、『All Meigaku Recitation Contest』があり、リンカーンの『ゲティズバーグの演説』を暗誦し、600名あまりの出場者の中で3位に入りました。

また、1年ではアーサー・ミラー(Arthur Miller)の『The Death of a Salesman(セールスマンの死)』、2年ではテネシー・ウイリアムズ(Tennessee Williams)の『Summer and Smoke(夏と煙)』に出演。3年では、ウィリアム・インジ(William Inge)の『Bus Stop(バス停留所)』に出演し、演出もしました。

3年の時、関西大学、明治大学など主催のスピーチ・コンテストで優勝もしました。

この3年間、とても幸運なことに、フルブライト交換教授として来日していた、リチャード・A・ヴァイア(Richard A.Via)氏から直接指導を受けました。英語はもとより、多くの演技指導をも受けました。

この時教えて頂いた多くのことが、今現在、英語指導に大いに役立っていると確信しています。

ちなみに、ヴァイア氏は、ブロードウェイで『奇跡の人』や『サウンド・オブ・ミュージック』など多数の芝居を演出したことのある、とても有名な演出家でした。

ところで、『コンビニ』を英語で言うと、『a convenience store』ですか?

これは少々長すぎますね。

『a quickie mart』とアメリカ人は言ってます。

日本語を英語で表現する方法は、一通りしかないわけではなく、色々な言い方があるとも覚えてもらいます。

お問い合わせ・お申し込み TEL 049-222-1710 埼玉県川越市仙波町2-15-1-101
(川越駅徒歩10分)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP